高知さんさんテレビ

title-program

「電話で予約ができない」高知市のワクチン接種 高齢者の声 【高知】

高齢者向けのワクチン接種が各地で進んでいますが9万5千人の対象者を抱える高知市は予約が取りづらい状況が続いています。中山間地域で話を聞いてきました。

こちらはおよそ50世帯が暮らす高知市土佐山の高川地区です。住民のおよそ3割が今回の接種対象となる高齢者です。

高橋 美女子さん
「とろうとして月曜日のきのう(17日)十何回もやったけど、とれませんでした」
記者
「電話ですか?」
美女子さん
「電話」

こう話すのは88歳の夫と2人で暮らす高橋 美女子さん(86)です。高齢という事もあり新型コロナの感染には人一倍気をつけています。

高橋 美女子さん
「遅かれ早かれ(接種)できるというけど、早く打って落ち着きたい」

4月23日の初回受け付けで予約が殺到し大混乱した高知市は電話回線を増やすなどの対策を講じ、きのう(17日)までに対象者9万5千人のうち4万5千回分を受け付けました。

3回目の予約受け付けとなるきのう、美女子さんも予約開始時間の午前9時から午後3時すぎまで15回コールセンターに電話をかけましたがつながりませんでした。

高橋 美女子さん
「普通に携帯ですきインターネットやったらとれるらしいけんど無理です」

そんなインターネットで予約ができたのが高川地区の区長、高橋 幹博さん(70)です。4月30日に父と妻とあわせて3人分の予約がとれました。

高橋 幹博さん
「スマホで(予約を)とってたんですけど固まってしまってとれなくて、娘に(スマホで)とってもらいました」

ほかにこの地区で予約が完了した人も。高橋さんと同様に子どもにインターネットで予約をしてもらった人が多いといいます。

高橋 幹博さん
「最近スマホに変えてる人もいるけど、ほとんどがガラケーや(固定)電話。電話ではまず無理という感じ。電話でとれたというのは聞きません」

土佐山地域では自家用車がなく普段から乗合タクシーで移動する高齢者も多い事から高橋さんは地元の診療所で接種が受けられないか市に問い合わせました。しかし振動に弱いワクチンを高知市中心部から40分ほどかけて運ぶのが困難との返答があったそうです。

高橋 幹博さん
「地域を限定して順番に接種してくれても個人的にはよかったなぁという気もしました」

高橋さんはあす(19日)かかりつけ医で1回目の接種を受け、美女子さんは24日(月)に再度予約にチャレンジします。