高知さんさんテレビ

title-program

VRでよさこいの臨場感を体験!踊り子気分も特等席での観覧も密回避で楽しむ【高知】

「よさこい祭り」は今年、新型コロナウイルスの影響で史上初の中止となりました。
そこで高知よさこい情報交流館で開催されたのが・・・

(石井愛子アナウンサー)
「わあ!よさこいの世界に入りました」

これはVR・仮想現実を使った体験イベントです。
毎年、東京で開催される「ドリーム夜さ来い祭り」の運営メンバーが「よさこい祭り」の臨場感を味わってもらおうと高知工科大学と共同制作しました。
映像は11月、無観客で開催された「ドリーム夜さ来い祭り」を撮影したものです。

(石井愛子アナウンサー)
「一人一人の踊り子の表情まで見えますね。あ!いい笑顔!」

体験できるのは3種類。
360度見渡せるものは踊り子気分に。
一方、こちらは特等席で演舞を見ている感覚です。
(石井愛子アナウンサー)
「あ!花火だこんなに鮮明に見られるんですね」
さらに上空から全体を見渡せるものもあります。

(体験した人)
「その場にいるような感じがすごくてこれは、楽しいですね。広がっていってほしい」
(VR体験を企画した・糸川研也さん)
「一人で参加できるけどVR上では密にできると。これまでには想像し得ないような祭りの形が可能性としてあると思う。世界中の人が一緒に楽しめるそんな空間になれば」

よさこいのVR体験は無料で21日(土)まで行われます。