高知さんさんテレビ

title-program

農家レストラン10周年 記念メニューは旬の四方竹【高知】

南国市の道の駅で週に1度開かれている
農家レストランが10周年を迎えました。

記念メニューは、切り口が四角いあの旬の野菜です。

道の駅「南国 風良里」にある農家レストラン「まほろば畑」は、
地元野菜のおいしさを知ってもらうため農家のおかみさんたちが
毎週火曜日のみ営業しています。

2010年10月にオープンし今年で10周年。
素材を生かしたやさしい味付けと、
多くの種類が味わえるバイキングが人気を呼び
1日200人、10年間で6万4千535人が訪れる人気店になりました。

リピーターの客
「新鮮な農家の野菜が食べられるのでファンになってしまって。
家でも作ってみたいものがたくさんある」

今年は新型コロナの感染拡大を受け
3月から8月まで休業していましたが、
節目の10周年に感染対策をとり、再オープンしました。

そんな10周年記念メニューは、これから本格的な旬を迎える
四方竹を使った料理です。

まほろば畑味彩グループ
松下恵子リーダー
「味は最高。今年の四方竹は。今までで最高という
部員(スタッフ)がいる」

「四方竹の肉巻きフライ」に…
「四方竹とシャモの炊き込みご飯」
「四方竹とマカロニのグラタン」
南国市奈路で取れた四方竹をアレンジしました。

私は「肉巻きフライ」を
いただきました!

野村舞アナウンサー
「コリコリしています。秋がきましたねl」

そんな秋の味覚が並ぶ中、地元・南国市の3人家族が
食事を楽しんでいました。

母「すごい食べたねパパ」
娘「パパすごい食べる」
母「全部食べた」

実はパパには食べずにはいられない理由が。

今週金曜日、22歳の娘・萌子さんが沖縄の石垣島に
嫁ぐことになったのです。

萌子さんの父
「寂しいです。寂しいし悲しい。
最後に3人で一緒に食事がしたかったんでよかったです」

萌子さんは岡豊高校時代、このまほろば畑で
おかみさんたちと一緒に一日レストランを開いた経験があり、
思い入れのあるこの場所を、家族最後の外食に選んだのです。

お母さんは、南国を巣立つ娘にこんな願いを込めていました。

萌子さんの母
「高校生の時も私が仕事をして帰ってきたら
もう(夕飯を)全部作ってくれていた。
食に興味のある子だったので、(地元の)いろんなものが
食べられるというのを最後に味わっていってもらいたかった」

久米萌子さん
「父と母もいつも手作りの料理でそれが嬉しかったので
家庭を持って子供ができたら、みんなが元気に過ごせるように
食でサポートしていけたら」
「(南国市の食材は)すっごくおいしくて
県外に行ったら特にわかると思うが
本当に誇らしいものだと思います」

「まほろば畑」はこの10年の間に
確実に南国の食材のおいしさを多くの人の舌と心に
刻み付けたようです。

農家レストランまほろば畑
隅田るり子会長
「お客さんに来てもらえるようなしっかりした料理を作って
ここに来たらおふくろの味おばちゃんの味を
味わってもらえるような店にしたい」
野村アナウンサー
「すごいプロ意識」
隅田会長
「いや、ただの百姓のおばさんデスヨ、ハッハッハッ」

まほろば畑は座席数を半分に制限するなど感染対策をとった上で
10周年記念メニューを、今月20日と27日の火曜日に提供します。

料金は大人1200円、小学生800円
入学前のこどもは500円です。