高知さんさんテレビ

title-program

よさこい祭り中止で代替イベント「特別演舞」上限70チームで8月19・20日開催へ【高知】

今年の開催が注目されている真夏の祭典「よさこい祭り」
きょう、よさこい祭り振興会は
高知市の陸上競技場で「特別演舞」と銘打った
代替イベントを実施する方針を固めました。

去年、新型コロナのまん延により史上初の中止となったよさこい祭り。

きょう、よさこい祭り振興会が合同部会を開き
今年の祭りについて協議しました。

よさこい祭り振興会 事務局 
「68回よさこい祭り令和3年は昨年に続き中止します。
 なお『よさこい鳴子踊り特別演舞』を感染状況を勘案しながら実施をする」

事務局は、代替イベントの名称を「2021よさこい鳴子踊り特別演舞」とし
8月19日と20日の2日間、高知市の「りょうまスタジアム」で
開催する方針を決めました。

参加チームは県の内外を含むおよそ70チームに制限し
地方車を使用しないとしています。

応募数が70を大幅に上回った場合はー

振興会事務局 
「全て抽選にするのか、あるいは受賞チームを優遇するのか
 そこを審議していただきたいと思います」

この提案に対して、こんな意見も…

よさこい祭り競演場連合会 丁野信二会長
「(受賞チームを)優先枠として入れる入れないというお話しが出ていたのですが
 実際、これはよさこい祭りではないので前回受賞しているから優先的に踊らす
 っていうのは、はっきりなしという方がいいんじゃないかなと」

参加チームの選考方法については再度、協議を重ねることにしています。

また、踊る回数は1日1回とする方針が決定しましたがー

よさこい祭り競演場連合会 加田貴士 副会長 
「2日で2回…たったの2回か。
 やはり2日で2回でも少ないと感じるのが、チームをやっているものとしては
 すごく感じることです。例年多いチームでは2日で10回以上踊っています」

また会では、新型コロナの影響でダメージを受けた企業も多く
スポンサーを募りづらいという問題点もあがっていました。

スタジアムには、席の間隔を空けるなど感染対策をしたうえで
最大1300人の観客を入れることができ
観覧料は一人1000円を予定しています。

高知商工会議所 山崎道生副会頭 
「平常に戻らないと全員参加のよさこい祭りにも
 よさこい踊りにもならないということで
 今年、一生懸命やりますけども、この形は最後にしたいですね」

チームの募集は来月中旬から始まる予定で
チケットの販売は未定です。

きょう話し合われた方針は今月27日の総会で正式に決定します。