高知さんさんテレビ

title-program

バンクシーの作品も!「大現代アート展」世界的アーティストの作品100点以上が一堂に【高知】

鮮やかな5色の線の上で今にも飛び出してきそうな「夢」。太陽の塔でおなじみ、岡本太郎さんの版画です。

高知大丸本館・5階で開かれている「大現代アート展」。国の内外で活躍する現代アーティストの作品100点以上が高知に集結しています。

なんといっても今回の目玉は!

川辺世里奈アナウンサー
「こちらには世界中で話題になっている覆面アーティスト、バンクシーの作品も展示されています。」

あの世界的レコード会社「HMV」のロゴ「ニッパー犬」をモチーフにした作品の
版画です。ロゴでは、犬が蓄音機から聞こえる主人の声に耳を傾けますが、この作品で犬が持っているのはバズーカ。社会や音楽業界への反抗を表すとされるバンクシーの代表作です。もう一つあるバンクシーの版画では珍しいサインを見ることができます。

また絵本でお馴染みのあの画家の作品も。

川辺世里奈アナウンサー
「こちらの絵すべて動物を表しています。こちらは虎そしてこちらが猿。かわいらしいデザインで面白いですよね」

描いたのは三重県出身の画家で絵本「もこ もこもこ」や、「あみだだだ」の挿絵も手掛ける元永定正さん。シンプルな形を組み合わせたデザインと柔らかい色使いが特徴です。タイトルは「さんかく」。三角形から足がはえた生きもののようです。元永さんの作品は35点展示されていて、ゆるい世界観が見る人の心を癒やします。

「大現代アート展」は高知大丸で2月いっぱい開かれ、気に入った作品は購入することもできます。

※最終日28日のみ午後4時閉場