高知さんさんテレビ

title-program

“日本一”のナス収穫最盛期 「なすマダム」も登場 【高知】

安芸市で生産量日本一を誇るナスの収穫がピークを迎えています。そのナスを使ったお手軽レシピを紹介する『なすマダム』も登場します。

ぷりっと、艶やかなナスーナスの生産量日本一を誇る安芸市では今、収穫の最盛期を迎えています。9月25日から収穫が始まった植野 進さんのハウスでは、アクや苦みが少ない「土佐鷹」を育てています。
今年のナスは雨や猛暑の影響を受けることなく順調に育ち例年通り質は良いということです。植野さんは、きょう一日でおよそ200キロを収穫しました。

植野 進さん
「やっぱり“えいナス”を作りたいなと。その思いを込めて、それで消費者に届けたいなと思っています」

収穫が終わるとナスは集出荷場へ運び込まれます。

リポート
「収穫されたばかりのナスはこちらの自動選果機で選別されていきます」

自動選果機にはカメラが設置されていて、3つの方向から瞬時にナスを撮影することで大きさ、形、色ごとに分けることができます。
県内の量販店だけでなく東京や大阪など全国に出荷され食卓を彩る高知のナスですが今年ある効果が実証されました。それが…

JA高知県・大谷 順之さん
「血圧改善効果、リラックス効果があるということが分かりまして、JA高知県として機能性表示食品の申請をしていたのが通ったということになります」

ナスに含まれている成分の一つ「コリンエステル」に高血圧を改善する機能があることが分かり今年、全国で初めて機能性表示食品として認可されました。
そんな魅力あふれる高知のナスを多くの人に知ってもらおうと立ち上がったのが…

「なすマダムが作ったなすのタタキ、持って来たで~どうぞ~!」

ナス農家の女性10人で構成されたその名も『なすマダム』。ナスを使った料理のレシピをYouTubeで配信しています。
もともと小中学校での出前授業や量販店での試食販売を通してナスの魅力をPRしていたマダムたちですが今年は新型コロナの影響で中止に。今年4月から新たな試みとしてYouTubeを始めたのです。
薬味たっぷりマダムの愛情たっぷりのなすのタタキを頂きました。

リポート
「よくしゅんでいますね。噛んだ瞬間にジュワって溢れ出てくるナスの旨味とポン酢の爽やかさお箸がとまらなくなりますね」

このほか「なすピザ」や「なすとミョウガのごま和え」など全部で4種類のレシピを紹介しています。初挑戦だったというYouTube。撮影してみていかがでしたか?

なすマダム
「楽しかったよね!」
「めちゃめちゃ緊張しました」

Q撮り直しとかもありましたか?それとも一発OK?
「撮り直しもありました。手だけやったけどね」

なすマダム
「本のレシピだけじゃ分かりにくい所もあると思うのでYouTubeで見ていただけたら『あ、そういう作り方をするがや~』『そういう切り方をするがや』~って分かってすごくいい宣伝になったと思います」

安芸市のナスは来年6月まで収穫が続き、多くの人のもとへ届けられます。