高知さんさんテレビ

title-program

寒波の影響で電力使用量9割超 四電「供給極めて厳しい状況」 節電への協力よびかけ【高知】

大手電力会社で構成する電気事業連合会によると、この冬、四国や関西など、沖縄以外の9つのエリアでピーク時の電力使用量が9割を超える異例の事態となっています。今月(1月)は一時、関西電力で99%、四国電力で98%の使用量を記録しました。去年の同じ時期の使用量94%と比べて電力供給は「大変厳しい」状況を示しています。四国電力は電力を安定して供給するため、他社から、電力の融通を受けるなどの対応をしていますが、きょう(14日)のピーク時の電力使用量は97%に達しました。

四国電力高知支店 林幹男 広報課長
「97(%)は極めて厳しい状況であると言えます」
「ぜひ県民の皆さまに節電についていま一度、いま一度何とか協力をしていただきたい」

四国電力は、こまめな消灯や使わないコンセントを抜くなど、節電への協力を呼びかけています。