高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

8/19『新説!所JAPAN』

情報掲載日: 2019年8月18日

ゲストに和田アキ子を迎えた今回は、イカが大好きな函館市と、油揚げの独特な食文化を持つ福井県を大調査する。 水揚げ高は日本一ではないものの、地元で取れるイカが大好きな函館市民。 ウニ、カニ、イクラのイメージが強い港町がなぜイカの町になったのか? 現地に潜入したスタッフの前で繰り広げられる、大人から子供まで踊れるという函館名物「イカ踊り」とは? さらに、早朝6時から町中に鳴り響く「イカー!イカー!」という声の正体は?

19日よる10時から

8/18「でんじろうのTHE実験」

情報掲載日: 2019年8月17日

■超一流で実験!できる?できない?

今回は「日本記憶力選手権大会」出場6連覇の“記憶力の達人”池田義博さんが登場し、ファミリーレストランの全130品のメニュー名以外にも、値段、カロリー、制作秘話などの暗記に挑戦する。ゲストの岸優太(King & Prince)、鈴木福、鈴木楽もメニュー暗記にチャレンジ。

18日よる8時放送!

 

8/17「ENGEIグランドスラムLIVE」

情報掲載日: 2019年8月16日

“日本一豪華なネタ番組”をコンセプトに、漫才、コント、ピン芸、音楽ネタなど、ジャンルの垣根を越えて国民の誰もが「面白い」と認める芸人たちがネタを披露する『ENGEIグランドスラムLIVE』。今回は“夏祭り”をテーマに4時間超えの生放送にてお送りする!


17日よる7時から

8/16【プライムこうちF】

情報掲載日: 2019年8月14日

四万十市出身のシンガーソングライター岡本真夜をゲストに迎える。

「三山ひろしのさんさん歩」は、四万十市を散策sign03.gif
三山さんがPV撮影でお世話になったという定食屋さんをサプライズ訪問。
店主との久々の再会を喜びながら、貴重な天然うなぎをいただくhappy01.gif
さらに、ユニークな企画で商店街を盛り上げようと奮闘する老舗寝装店の他、
中古ギター専門店を訪ねる。
視聴者メッセージのテーマは、「私の応援歌」

金曜(1部)ごご3:50~ (2部)ごご6:14~

8/14「志村けんのだいじょうぶだぁ たのしい夏休みスペシャル」

情報掲載日: 2019年8月13日

今回の『志村けんのだいじょうぶだぁ』は、豪華ゲストを招き、オール新作コント&トークでお送りする爆笑夏休みスペシャル!

上司の志村と部下の磯山さやか、華子、高嶋、加島ちかえが、マツコ・デラックスがママのバーを訪れて、トークに大盛り上がり!

 

 

 

 

 

 

14日よる7時から

8/3 新ドラマ『それぞれの断崖』

情報掲載日: 2019年8月2日

コンピュータメーカーに勤める志方恭一郎(遠藤憲一)は、中学2年生の息子・恭介(渡邉蒼)の家庭内暴力に頭を悩ませていた。恭介は、シングルマザー・八巻はつみ(田中美里)の息子・満(清水大登)と親友で、満とは心を許し合っていた。ある日、得意先となんとか結んだ契約を会社上層部の横暴によりつぶされ、荒れて深酒して帰宅した志方に、妻・雪子(田中美佐子)が思いつめた顔で告げる。「恭介がまだ帰らないのよ」まもなく警察から、信じがたい知らせがもたらされる。志方の、悪夢の日々の始まりであった…。

 

 

 

 

 

 

3日よる11時40分スタート!

金曜深夜放送中★百合だのかんだの

情報掲載日: 2019年7月27日

 

 

大学生の篠原百合(馬場ふみか)は、

執拗な嫌がらせを続けるストーカーから逃れるため引っ越しを決意する。

偶然、訪れた不動産会社の女性社員・二宮海里(小島藤子)が

小学校の同級生であることを知り、二人は再会を喜ぶが

海里の言葉やハグの長さなど節々に感じる再会以上の何かに

百合は少し違和感を覚えるのだった。

しかし、異性では理解し得ないことも同性ならわかってもらえる…

やがてお互いを思い合い、献身的に支え合える海里との関係性、

その居心地の良さに百合は気が付いていく…

 

毎週金曜深夜放送

 

 

TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020【テラスハウス】

情報掲載日: 2019年7月23日

 

 

新シーズンの舞台は東京

 

2020年、世界中から熱い視線が注がれるTOKYOで

台本のない男女6人の新たな青春の日々が再び始まります

 

 

毎週金曜深夜放送

 

 

高知を舞台にしたショートドラマ「小夏日和」7/13~毎週土曜よる8:57放送(全4回)

情報掲載日: 2019年7月8日

 

 

ふるさとは、わたしの未来でした。

 

令和元年、夏。

小夏(21)が突然、高知に帰ってきた。

変わらない風景が嫌いで町を飛び出して以来、二年振りのふるさと。

幼なじみの日和(20)は、塩職人の修業を続けていた。

「やっぱりここは、なんにも変わってない」 想いを察した日和が、小夏を連れ出す。

フィルムカメラのファインダー越しに、高知の風景に触れる小夏。

そこに写るのは、いまを生きるふるさとの姿だった。

美しい高知を舞台に描かれる、淡い夏色の小さな物語。

 

 

7月13日スタート 毎週土曜よる8:57放送(全4回)

 

 

【木曜劇場 新ドラマ】よる10時『ルパンの娘』

情報掲載日: 2019年1月11日

「わたしは泥棒の娘。結婚を考えた彼は、警察官でした…」 これは世にも不思議な“ロミオとジュリエット”!

『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華(みくも・はな)を演じるのは、深田恭子。悪党しか狙わないことをモットーとしている“Lの一族”だが、盗みの計画の先には、当然のごとく泥棒逮捕を仕事とする華の恋人・桜庭和馬(さくらば・かずま)がいつも関わっており、彼は時に悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまう。主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまうという役どころ。深田がフジテレビドラマに主演するのは木曜劇場『隣の家族は青く見える』(2018年1月クール)以来だが、元号が令和になってから記念すべきドラマ初主演となる。映画『ヤッターマン』(2009年3月公開)でドロンジョを演じて以来10年ぶり、そして現代劇としては初めて泥棒役を演じる深田に注目してほしい。

7月スタート!